ENGLISH☆GUILD

代ゼミ本科生のみなさんへ

ツイッターの質問箱ばかり回答して、ホームであるこちらの更新がおろそかになってしまって申しわけありません<m(__)m>

今日は夏期講習についてのお知らせです。

【〈A〉テキストを使用されているみなさん】

「仲本の標準英文法語法」

・読解はそこそこできるけど、英文法がそれほど得意ではない

・普段仲本の英文法〈A〉の本科授業(1集)を受講していて、(2集)の「関係詞」や「比較」も習ってみたい

という場合に受講していただければと思います。

「仲本の標準英文読解」

・長文問題はそこそこできるけど、全部フィーリングで読んでいる気がする

・夏に読解を強化したくて「ハイレベル」の講座(長文対策)とあわせて「標準レベル」の講座(精読完成)も受講したい

という場合に受講していただければと思います。

【〈B〉テキストを使用されているみなさん】

「仲本の標準英文法語法」

・普段仲本の英文法〈B〉の本科授業(1集)を受講している

・普段仲本の英文法〈B〉の本科授業(1集)を受講していない

を問わず、Bテキストで勉強されているすべてのみなさんに受講していただければと思います。それくらいの自信作です。

「仲本の標準英文読解」

・仲本の英文法〈B〉の本科授業(1集)で習った「文型」「態」「準動詞」の知識を読解に最大限に活用したいと思っている

・普段仲本の英語構文〈B〉、センター英語の本科授業を受講していて、精読型の授業の必要性を感じている

・「〜リーディング」とか「〜方式」でなく、オーソドックスに力を伸ばす方式で「読むための英文法」を学びたい

という場合に受講していただければと思います。

【〈C〉テキストを使用されているみなさん】

「仲本の標準英文法語法」

普段仲本の英文法〈C〉の本科授業を受講していてもいなくても、すべての代ゼミ生(Cテキスト使用)に絶対にお薦めしたい講座です。

2学期からBテキスト使用クラスに上がることを考えているなら、付録の「レベル別復習問題624」は必須です。

「仲本の標準英文読解」

・「一文一文、文法的に正しく英文を読む」という行為を身につけるきっかけにしたい

という場合に受講していただければと思います。

なお、

「仲本の英単熟語」

は、語彙力を強化したいすべての受験生にお薦めします。

使っている単語帳と内容がかぶるなんてことはありません。

そもそもやることが違いますから・・・

詳しい内容はコチラをご覧ください。

http://nakkan.jp/2018/06/23/6165/

 

1970年代に悪行の限りをつくしていた「なっかん」が広島随一の進学校に進めたきっかけは、小6の夏に受けた夏期講習でした。

往きの車中で

「絶対嫌じゃあ〜、行きとうない! 今日でもう辞める」

と言っていた「なっかん」が帰りの車中では

「おかあちゃん、2学期からも申し込んで♡」

と激変していた理由は何か?

1)授業に感動した

2)ライバルたちに刺激を受けた

3)女の子が可愛かった

答えは授業で!

 

 

こんな悪ガキも、夏期講習のおかげで

 

 

こんなに立派になりました\(^O^)/

 

みなさんも後に続いて下さい!

夏から始める語彙増強(ボキャビル)のススメ ー 仲本浩喜の英単熟語 ー

仲本浩喜の英単熟語

は、毎年多くの学生が受講する夏期限定の語彙語法力増強講座です。

☆こんな人にオススメ

・単語集を使って毎日数ページずつ丸暗記しても、何日かたつとそのほとんどを忘れてしまっている

・長文中に未知の単語に遭遇したとき、「前後から類推」できたためしがない

・忘れた単語を単語集でチェックしたら、ちゃんと蛍光ペンでマークしてあって前に一度覚えたはずの単語だったという悲しい経験のある人

・「やっぱ単語は文脈の中で覚えなきゃ!」とか言いながら語彙力がないのに「速単必修編」買って1頁目から読もうとしたら、語彙力がないからそもそもその長文が読めなかった

 

☆講座内容

■ ■ 英単語特講 ■ ■ ■ 

1.語源の知識を用いた単語の「分解読み」

2.未知の単語の習得を30%容易にする

3.既知の単語を30%忘れにくくする

4.知らない単語の類推を30%容易にする

 → コスパ高すぎ!

■ 前置詞特講 ■ ■ ■ 

1.日本人の英語学習で大きなウェイトを占める前置詞の基本イメージをマスター

2.各前置詞に平均30以上の厳選された用例を掲載

3.前置詞ごとに、その前置詞を含む「頻出イディオム演習」

 → コスパ高すぎ!

■ ■  ■ 品詞別語法特講 ■ ■ ■ 

1.「英文法」のテキストでとりあげにくい「語法」項目を品詞別に100項目厳選

2.語法学習にもっとも効果的な○×形式でとりあげる

3.秋からの正誤問題対策のベースとなる100題

 → コスパ高すぎ!

■ 超豪華すぎる付録の内容

1.多くの合格者が夢実現の道具にしたVocabulary Builder。これさえあれば、最高に充実した夏休みを送ることができます。

2.実際の活用法は先輩方の「ボキャビルの流儀」をご覧ください

 

この夏、語彙力絶倫を目指したい受験生の参加をお待ちしています。

 

 

   

■仲本浩喜の英単熟語

7/23〜27 13:30〜15:00    (代ゼミ本部校)
7/30 〜            (フレックス)
8/6〜10 15:30〜17:00     (代ゼミ大阪南校)

 

 

 

目指したのは「究極のどノーマル」です — 仲本浩喜の標準英文読解 –

ひところ「ノームコア」という言葉が流行ったのをご存じでしょうか。

ハードコアなノーマル、言いかえれば「究極のフツー」「徹底してどノーマル」というスタイルです。

この夏の「仲本浩喜の標準英文読解」では、英文読解の「ノームコア」を徹底して仕上げていきます。

 

内容は次の通り

1)基本文型(+受動態)と品詞の働き

2)準動詞(前と後の働き)

3)従属節(外側と内側)

 

「えっ? それだけ?」

なんて思わないで下さいね。代ゼミの「英文法」のテキストで言えば12回分です。この中から「読むための英文法」のみを抽出して仲本流にアレンジしたテキストを作成しました。

昨年度は予想外(?)の人気で、異例の増刷となったテキスト。今年はさらに「ハードコアなどノーマル」を目指してアップグレードしました。

こんな人にオススメです。

・これまでなんとなく「フィーリング」で読んできた高3生・受験生

・夏から勉強を始める高3生

・英文の「コア」な部分(中核構造)を徹底してマスターしたい人

・丁寧に英文を解析するやり方で「準動詞」「関係詞」をマスターしたい人

 

なお、英文を「読む」ことについての基本姿勢は下のリンクをお読みください。

http://nakkan.jp/2018/04/03/6059/

 

この夏、一緒に「英文を解剖」して、読解を

「苦手」から「面白い」「好き」に、

「フツー」から「得意」に転換して

 化けましょう!

 

■仲本浩喜の標準英文読解

7/30〜8/3 11:00〜12:30      (代ゼミ本部校)

8/6〜10  13:30~15:00         (代ゼミ大阪南校)

8/6 ~                                      (フレックスサテライン)

 

英文法<A>を受講している英文法がイマイチな人、英文法<B><C>を受講しているすべての人に——— 「仲本浩喜の標準英文法語法」

☆こんなアナタに

【浪人生】

・英文法<A>を受講していて、第1集・第2集の復習をできれば一人の講師の説明で効率的にすませたい代ゼミ本科生

・英文法<B><C>を受講しているすべての本科生

・夏に英文法を強化したいんだけど、混雑した教室で勉強していると息が詰まってしまう他予備の本科生

 

【現役生】

・「ネク★テ」をやっているけど、間違えた問題の右側の説明を読んでもさっぱり力がついている気がしない

・「アッ★グレード」をとりあえずは一通り終わらせたものの、さっぱり英語が「読んだり」「書いたり」できるようになった気がしない

☆こんな人にはオススメしません(>_<)

・もう文法は仕上がっていて、失点もほとんどないけど

1)正誤や整序の練習をしたい(2学期に12回もあるのに?)

2)高級な文法理論を学びたい(そもそも要る?)

という方は、私の講座以外の講座をオススメします。

 

☆講座内容

英文法の最重要分野から重要事項を厳選し、「問題演習(100題)→解説→重要&暗記事項まとめ→類題演習(624題)」の流れで知識の体系化をはかり「読む&書く」への運用につなげます。

 

☆目次

LESSON 0          問題編
LESSON 1          文型&助動詞
LESSON 2          時制と仮定法
LESSON 3          準動詞
LESSON 4          関係詞
LESSON 5          比較
Appendix 1         GRAMMARまとめ
Appendix 2         英文法レベル別復習問題624
Standard: Part A
Standard: Part B
Advanced: Part A
Advanced: Part B
Answer Key

 

☆豪華付録【その壱】

前の職場で初めてオリジナル講座を担当させてもらったのが9年目。史上初めて英文法の講座で理数系の講座よりも速く締切講座となった思い出深い「英文法☆NAVI」。当時と同じレイアウト・構成・書体で新編集し、「GRAMMARまとめ」として掲載しました。

 

 

☆豪華付録【その弐】

僕が毎週配布している「英文法<A><B>」の復習プリント。学期中は第1集のみですが、「英文法レベル別復習問題624」として第2集に相当する内容も含めたものを掲載します(解答も掲載)。1学期の英文法のテキストの復習のお供に最適。2学期に<C>レベルから<B>レベルへ、<B>レベルから<A>レベルへ「下克上」を目指している人には欠かせない内容となっています。

 

■仲本浩喜の標準英文法語法

7/23〜27 15:30〜17:00       (代ゼミ本部校)

8/6〜10 11:00〜12:30         (代ゼミ大阪南校)

7/30 ~                                      (フレックスサテライン)

仮定法補助プリント

仮定法の補助プリントです。

できればプリントアウトして、例文をインプットする参考にしてください。

仮定法

 

プリントアウトできない人のために、同内容を下に掲示します。

☆ 仮定法過去

If … 過去形 … , 〜 助動詞の過去形+原形 〜.

(今…なら,今〜するだろうに)

☆ 仮定法過去完了

If … 過去完了形 … , 〜助動詞の過去形+have p.p. 〜.

(あのとき…だったら,あのとき〜しただろうに)

☆ 未来に対する仮定

(A) 単なる条件

If … 現在形 … ,                              〜 will 原形 〜.

(B)「万一,ひょっとして…」

命令文

If … should 原形 … ,          〜 will +原形 〜

〜 助動詞の過去形+原形 〜

(C)「仮に…」

If … were to不定詞 … ,      〜 助動詞の過去形+原形 〜

 

☆ if節の変形

① ifを消す             ② were / had / shouldを主語の前に

                  were         C                               were                         C

if S    had          p.p.           ⇒           had           S              p.p.

should      原形                          should                      原形

were         to不定詞                   were                         to不定詞

 

☆ S wish …

would 原形               (未来)〜すればいいのだが

過去形                      (現在)〜であればいいのに

S wish  could 原形                (現在)〜できればいいのに

過去完了形               (過去)〜だったらよかったのに

could have p.p.           (過去)〜できたらよかったのに

 

私は仲本先生の「英単熟語」で合格しました

☆ 早稲田大学教育学部

英語が苦手な人、英語の基礎固めをがっちりしたい人、2学期を万全の状態で迎えたい人等はかなりオススメの講座です。私は筋トレの感覚で毎日テキストを取り組みました。夏休みの間はその効果はあまり実感できなかったのですが、受験直前で英語の能力・成績が急上昇したのは間違いなく「英単熟語」を反復して取り組んだからです。周りの人に「おれもあの講座やればよかった。もっと早く教えてくれよ。」とよく言われたものです(笑)。Vocabulary Builderはこのテキストの中でも一番のオススメのSectionです。私の場合は、1日100個確認→200→300→450→600→900→1800というように取り組みました。そして、いつ正解したか毎に色分けしました。最後まで色を塗れない語もでてくるかもしれませんが、弱点があぶり出て逆に良いと思います。私の場合、このSectionは受験直前までやり続けました。いろんな単語帳をやりましたが、夏休みにやりまくったこのSectionが一番手になじんだからです。最後に、何度も言っていますが、この講座を受講するからには、テキストを「やる」のではなく、「使い込む」ということが大切になります。使い込んだ結果は必ずテキストに現れます。受験直前に周りをビビらせることができることは勿論、最高のお守りにと自信になります。みなさんもGiant Killingしましょう。

☆ 早稲田大学政治経済学部政治学科

Vocabulary Builderはコロケーションになっている1775を全て完璧に覚え、2学期以降読解をしている上で特に語彙で困ることが少なかったのはそのおかげだと思います。他にも、授業で色々説明がある接頭辞・接尾辞など未知単語への類推にもつながりました。

☆ 早稲田大学法学部

私は現役のときには色々な単語帳に手を出しながら1冊もやり通したことがありませんでした。語彙が足りていないのは明らかでした。「英単熟語」では接頭辞や接尾辞、前置詞などについて集中的に学ぶことができてとてもためになりました。またテキストについていた付録のVocabulary Builderはすごく役に立ちました。1775語の単語がすべてコロケーションになっていて、単語帳のようになっているものでした。これを絶対に最後までやり通そうと決意して、授業で先生が指示してくださったやり方で続けるように努力しました。予定よりもだいぶ遅れてしまいましたが、最後までやることが出来ました。ただしそこでやめてしまっては覚えたものもどんどん忘れてしまうので、試験直前まで繰り返しやって使い込みました。覚えられた回数によって色分けしたので、試験直前にもあやふやな単語が一目瞭然で、試験会場でもとても心強い味方でした。一つのものを何度も繰り返しやることの大切さを痛感しました。

☆ 慶応大学法学部政治学科

仲本先生の授業を一年間受けて僕が特に印象に残っているのは夏期の「英単熟語」と栄光の200題です。大学受験の英語で避けて通れないのはやはり単語です。その点で「英単熟語」は非常に役に立ちました。テキスト自体が一つの単語帳のようになっているので、夏期講習で授業を受けてからひたすらテキストで単語を覚えて,後ろの付録についてるVocabulary Builderの1775語はほとんど意味が言えるようになりました。夏にひたすら単語をやったことがのちに長文を読むときの基盤になったと思います。

☆ 早稲田大学法学部

夏期、冬期合わせて英語で受講した講座はこれだけでした。この講座は受講時の偏差値に関係なく合格したい気持ちが強い人ほどおすすめです。前置詞に対するイメージや単語に対する接し方が改善されるので単位時間あたりの学習効率が上がり、秋以降ほとんど全員が必死に勉強をする中で周りと差をつける事ができます。(Vocabulary Builderを6回転程した時点で英語の偏差値は76まで上がりその後も70を切る事はありませんでした)

☆ 早稲田大学政経学部


夏期の「英単熟語」というテキストには,1775語の単語をコロケーションで覚えるという課題=Vocabulary Builderが出されます。私はこれを受験直前まで毎日音読して覚えるようにしました。これまた重要なのは毎日やること。たとえ「もう全部覚えたからいいや」と思ってもやり続けること。というのもそこでやめてしまうといざ入試本番、となったときに「あれ・・・この単語テキストで見たぞ!・・・で、どういう意味だっけ?」という最悪の状況に陥りかねないからです。このテキストに掲載されている単語はほぼすべて長文で出るのでかなり使えます。上記の二つは一年間通しでやることをお勧めします。すべての核となりうる部分ですので。

☆ 上智大学文学部英文科

大学生になった今も、「英単熟語」は愛用しています。英検一級を取るために覚えても意味が無いようなク○みたいな単語を覚えなければならないのですが、字面だけ見ても覚えられないのです。そんなときにこのテキストをパラパラとめくります。「英単熟語」は、接頭辞や接尾辞、語根を事細かに解説しています。熟語を覚える際も前置詞が非常にわかりやすくまとまっており、使い始めたらやみつきになります。単語を少しでも覚えやすくするためのエッセンスがこの講座です。英単語はなかなか続かないし、一冊やりきるのも大変です。でも、単語ができなければお話になりません。そんな悩みを抱えている方はこの講座を考えてみてください。Vocabulary Builderはきっと助けになります。

☆ その他質問箱に寄せられた声


 

村上春樹の洋書読みと「英文読解」のテキスト丸暗記で偏差値34→60からの立命館大合格!

仲本先生、ご無沙汰してます。

第一志望の同志社大学には、残念ながら数点届かず不合格でしたが、

第二志望の立命館大学に合格し、入学することになりました。

先生の授業は夏期「仲本浩喜の標準英文読解」と、

冬期「仲本浩喜の標準英文法・語法」「仲本浩喜の標準英文読解」

「仲本浩喜の頻出語彙語法総整理」を受講させていただきました。

僕は普段先生の授業を受講する機会はなかったのですが、

夏期のコマを選ぶ際に英語が一コマぽっかり空いてしまう週がありました。

そこで、パンフレットの顔写真を見て

「この先生はなんかおもしろそうだな〜」と直感的に履修してみた所、

これが大大大正解でした。

僕は高校卒業後、2年ほど働いていました。

しかし、自分がしたいのは、マネジメントの勉強だと悟り、

大学の社会学部で勉強をしようと大学受験を決意しました。

高校では全く勉強もしていなかったので、

高校入試以来5年ぶりの勉強を去年の4月にスタートさせていました。

当時は五文型すらわからず、食わず嫌いで英語が大嫌いでしたが、

代ゼミに入った頃は34しかなかった偏差値を、

10ヶ月で最終的に60にまで伸ばす事ができました。

というのも、夏期に先生がおっしゃっていた「好きな洋書を毎日1時間読むこと」

がピタッとハマったのがキッカケです。

夏期講習のテキスト一冊をボロボロになるまで丸暗記しました。

その後、毎日村上春樹の「女のいない男たち」を英語で読んでいると、

秋口に一冊読み終わる頃には長文を読むことへのアレルギーがかなり薄くなっていき

構文を掴む速さが飛躍的に早くなったのが実感できました。

パフォーマンスの一番よい、ルーティンでの生活を、

暖かいご飯を作って待っていてくれた両親のおかげで、

浪人中楽しんで過ごせました。

春休みに入ってからも、決まった時間に起きて、

面白そうな評論などの本を読み漁る虫として楽しんでいます。

11月まで関関同立はおろか、産近甲龍さえE判定しかでなかったので、

2年スパンで考えていた浪人を、なんとか1年でオトシマエをつける事ができたのも、

先生から学んだ「正攻法」の愚直な実践のおかげです。

また講師室へ直接お礼を言いに伺わせていただきますね。

本当にありがとうございました!

オリジナル単科の付録「英文法教室」が主役の座を奪いかねない説 (^_^;

僕が以前執筆した

 

『仲本の「壁」を突破する英文法完全速習講義』

 

今アマゾンでは高値がついています(^_^;

レビューもおおむね高評価をいただいているようです(*^^)v

 

 

今年度の僕のオリジナル講座「英文法語法」「読解」ではこの

 『仲本の「壁」を突破する英文法完全速習講義』

を受験生用に書き下ろした

 「英文法教室」

を付録としてつけました。(100ページ)

すでに申し込んでくれたみなさん、あるいは受講を考えてくれているみなさん、テキストを手に入れたら読んでみて下さい。

授業の主役はもちろん本編ですが、折に触れて「教室」の内容にもふれていきます。

どうぞお楽しみに。

 

仲本浩喜の標準英文読解
12日(木) 17:30〜19:00

本部タワー 11C教室

 

仲本浩喜の標準英文読解英文法・語法
13日(金) 17:30〜19:00

本部タワー 6B教室

 

 

1学期の「センター英語」を「基礎力完成講座」として利用しよう

「センター英語」のテキストは本編とベーシックトレーニングから構成されています。

 

僕の授業では、1学期はベーシックトレーニングを中心に扱います。

 

このベーシックトレーニングは1学期のテキストにしかありません。

簡単に言うと、

「センターの過去問を使った基礎英語力完成講座」

です。

英語の

1)発音・アクセント(大問1)

2)文法語法(大問2A)

3)英作文(大問2B)

4)精読(大問3〜6からの抜粋)

の力をセンターの過去問を使用して養成し、

2学期からの12回分の過去問演習に備えるというものです。

 

センター対策は冬までは過去問で十分というのが僕の考え方で、

これはこれまで多くの学生に支持されているものです。

(よろしければ、僕のツイッターの12月〜1月の質問箱に対する回答をご覧下さい)

1回目の授業(本部12日・大阪南16日)ではまず

・センター試験の概要と対策

・1年間の勉強プラン(予想問題をやり始める時期・リスニング対策など)

をお話しし、

・ベーシックトレーニング①(p146〜p149)

を解説します。

 

ですから予習としては

・ベーシックトレーニング①(p146〜p149)

だけ解いておけば大丈夫です。

「それじゃあセンター対策にならない! 僕は24回毎回過去問(や予想問題)を解きまくりたいんだああああああ」

という方は他の曜日の「センター英語」を受講されることをお勧めします。

 

英語を基礎からもう一度やり直したい人、

夏までにどうにか基礎力を完成したい人、

苦手意識を克服したい人、

参加をお待ちしてます。

 

本部タワー校舎 木曜日4限(12B教室)15:30〜17:00

大阪南校舎   月曜日4限(64教室)15:30〜17:00

 

とにかく英語が嫌いな本科生へ 英文法<C>で夏までに苦手意識を吹き飛ばそう

とにかく英語が嫌い

長文とか、ロジックとか、パラグラフとか、解法とかそんなの以前に、

ネクステすら満足にやったことない・・・

 

英文法<C>はそんなあなたに最適の講座です。

 

2年前に新規に設定された英文法<C>。

 

英文法<A><B>の弟分ですが、兄貴分にはない

いたれりつくせりの部分もあります。

 

1)各レッスンのはじめにそのレッスンのまとめとなる★CHECK★がついている

2)各レッスンの終わりに自習用の【復習問題】がついている

3)第1集、第2集の構成が初心者にやさしい構成になっている

 

本当に英語が苦手な人、嫌いな人をお待ちしてます。

 

本部の学生さんには、金曜日の1限と2限で同内容の授業を僕が担当します

 

金曜日 1限 対面のみの講座(12A教室)

金曜日 2限 サテライン&対面講座(12B教室)

 

授業中に当てられたり、話しかけられたりするのが嫌な人は2限(仲本は教壇から離れませんw)

少人数でいろいろと相談とか質問とかしたりしながらディスカッションのように授業を受けたい人は1限

がオススメです。

 

とにかく英語が嫌いな本科生(しつこい)、僕が英語好きにしてあげます。

好きになれば、苦手克服→得意科目の流れも見えてきます。8ヶ月で

 

1学期(なんだか英語って面白いぞ、好きかも)

→夏期講習(苦手を克服できた)

→2学期(得意科目になった)

→冬期(文法語法はもう完璧)

 

を達成しましょう。

13日の金曜日、教室でお待ちしてます!