ENGLISH☆GUILD

夏期「英文法」と1学期「英文法」のリンク

1学期が終了して1週間。いかがお過ごしでしょうか?

 

 

こんなものにハマってちゃだめですよ!

 

さて,夏の英文法学習をより洗練されたものにするために,来週からスタートする「仲本の英文法」と代々木ゼミナール本科「英文法」の対応表を下にあげておきます。

 

〔夏期英文法〕                       〔英文法A・B〕                    〔英文法C〕

Lesson 1                                 L 1 ~ 3 / 5 (I)               L 1 ~ 3  (I) / L 3 (II)

Lesson 2     (まとめ1〜3)       L 4 / 6  (I)                    L 1 – 2 / 4 ( II )

Lesson 3(まとめ4〜6)                L 7 ~ 11(I)                 L 4 ~ 9 (I)

Lesson 4     (まとめ7−8)     L 2 – 3 (II)                L 6 – 7 (II)

Lesson 5 (まとめ9−10)       L 8 – 9 (II)                L 9 – 10 (II)

もう予習は始めましたか? 夏休み中の受験生にとって,勉強の優先事項の1位はなんといっても「夏期講習の予習」です。以下のやり方で丁寧にやっておいてください。

本科生の場合

  • 対応する本科「英文法」テキストとノートを確認する
  • 対応する「GRAMMARまとめ(付録)」を熟読する
  • テキストの問題を解く

メイト生・現役生の場合

  • 対応する「GRAMMARまとめ(付録)」を熟読する
  • テキストの問題を解く

これでOKです。

なお,授業では定番の問題集「ネクストステージ」や「アップグレード」などの,最も効率的な使用法もお話しします。お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「英単熟語」の予習の方法

代ゼミ生,サテライン予備校生のみなさん。1学期お疲れ様でした。

水曜日に授業を終えてからは,毎年恒例となった軽井沢一泊旅行。

 

 

いろいろあった1学期。すべてをリセットして夏期講習に備えます。

さて,今年も多くの学生が受講してくれる(はず?)「仲本浩喜の英単熟語」

予習は次のように進めてください。

Part A. 

Section 1 (語源編)
■ Prefixes  予習不要
■ Suffixes   予習不要
■ Roots   (左ページ)各単語の意味が言えるかどうかチェックする(解答は頁下)
      (右ページ)太字部分を隠して埋められるかチェックする

Section 2 (前置詞編)
Exercisesを解いて答合わせをしておく(解答はp172~177)

Section 3 (語法編)
各項目の正しいものに○,誤っているものに×をする。テキストに直接書き込まないこと。
授業開始までに答合わせも終わらせておいてください(解答はp212-213)

Part B. 

どうしても気になる人は,自分なりにスタートしてくれてもかまいませんが,できれば授業まで待って下さい。
それでも全然遅くありません。 最終日に勉強の仕方を説明して,思いっきりみなさんのモチベーションを上げる予定です。

受講してくれるかた,どうもありがとうございます <(_ _)>

受講を迷っているかた,ぜひ申し込んでください <(_ _)>

大手予備校の講習で,単語だけを重点的に講座を開講し,多くの学生に受講してもらうという流れを最初に作ったのはこの講座です。

オリジナルの強みをぜひ体験して下さい。

 

 

みなさんと教室で(あるいはブースで)お会いするのを楽しみにしています。

仲本浩喜の英単熟語

7月24日〜28日  11:00〜12:30  本部校

7月31日〜8月4日 13:30〜15:00  大阪南校

 

英文法を受講された本科生へ(復習のススメ)

1学期お疲れさまです。週末の私の

 

代ゼミに
だまされました

私を
助けてください

 


 

という恐怖の告白に驚いていた生徒のみなさん,

気にしないでください。

バイアグラ100の飲み過ぎです。

あたし
仲本浩喜は、
絶対に嘘はつきません
正々堂々と
胸を張って
戦うことを
この場で
改めて
宣言します
さて,人生最高のCP(コスパ)をたたき出すための

夏休みを迎えるにあたり,

復習のアドバイスをさせてください。

授業でも触れたように

1)Exerciseを解いて,学期中の答え(予習時)と比べる

2)ノートを確認しながらテキストの例文を熟読する

3)暗記事項をチェックシートでチェックする

これで1レッスン分です。これを24回。

月〜土(6レッスン)×4週間で終わらせましょう。

時間は1レッスン30分。この復習をすべての夏期学習の

ペースメーカーにしてはいかがでしょうか?

 

オススメの順序は以下の通りです。

英文法《A》《B》

◆ Lesson 1 ~ 3 (第1集)文型・態

◆ Lesson 7 ~ 11(第1集)句(準動詞)

◆ Lesson 1 ~ 4 (第2集)節

◆ Lesson 4 ~ 6 (第1集)時制・助動詞・仮定法

◆ Lesson 8 ~ 12(第2集)比較その他

◆ Lesson 5 ~ 7 (第2集)名詞・形容詞・副詞

◆ Lesson 12 (第1集)前置詞

 

英文法《C》

◆ Lesson 1 ~ 9 (第1集)文型・態・句(準動詞)

◆ Lesson 5 ~ 8(第2集)節

◆ Lesson 1 ~ 4 (第2集)時制・助動詞・仮定法

◆ Lesson 9 ~ 12(第2集)比較その他

◆ Lesson 10 ~ 12(第1集)名詞・形容詞・副詞・前置詞

 

さらにパワフルに英文法の復習プラス2学期の予習をしたい人,

ありきたりな問題での演習に飽きてきた(答を覚えちゃった)人は

オリジナル講座「仲本浩喜の英文法語法」を受講して下さい。

一緒に最新の問題を解いていきましょう。

永久保存版の付録付きです!

7月24日〜7月28日 13:30〜15:00 本部校

7月31日〜8月4日 17:30〜19:00 大阪南校

 

英文法〈A〉_ Answer Key_Updated

第1集

Lesson 12

1.  A lot of problems are arising from the aging of Japanese society due to the decline in the birthrate.

arise from … : …から生じる(原因を表すfrom)
the aging of Japanese society :  日本社会の老化(主格のof)
due to … / owing to … / thanks to … : …が原因で,…の結果
decline  / decrease / increase/ rise in … : …の減少,増加,上昇

【別解】 The aging of the Japanese society due to the decline in the birthrate has caused a variety of problems.

オマケの解答

「このバスで海に10分で行けます」

You can get to the beach on this bus in ten minutes.

get to … / …に着く(到着点のto)
on this bus : このバスで(バス・電車・飛行機・船はon 車はin)
*名詞が単数無冠詞なら「手段」のby  by bus / train / plane / ship / car
in ten minutes : 10分で(「〜で」「今から〜後に」はin)

第2集

Lesson 11

その後幾度となく、最愛の叔母は、何故私がどのように扱われているかを誰にも言ったことがないのかと尋ねたものだった。子供がほとんど話をしないのは、動物とあまり変わりがない。というのは、子供というものは、自分に起こったことを永遠に確立されたものとして受け止めるからだ。

〔別解〕
自分がどのように扱われているかを私が誰にも言ったことがないのはなぜかと,最愛の叔母はその後幾度となく尋ねたものだった。子供の口数は動物並みだ。というのも、子供は自分に起こることを永遠に確立されたものとして受け止めるから。

Lesson 12

1.      動物は健康と十分な食べ物があれば幸せだ。人間もそうあるべきだと考えられてはいるが,現代社会においては,少なくとも大多数の場合,そうではない。

2.      時折彼女は時計をちらちら見上げていたが、それは不安によるものではなく、ただ一分一分が過ぎる毎に彼がやって来る時が近づいていると考えて満足するためであった。

英語構文〈A〉の大意(11)

Lesson 11

(3)  特定の新聞や雑誌に慣れ,しばらくすると,そのメディア特有の内容を当然のものと思い込むようになることが多い。特定の新聞や雑誌が提供する内容をすぐに理解できるようにするには,そのメディアにある程度精通していることが必要となる場合が多い。しかし,当然ながら,お気に入りの新聞や雑誌が具現化する特定の世界観に慣れるにつれて,そのような見方もしょせんは多くの可能な見方の一つにすぎないのだということを忘れてしまう危険性がある。

way of looking at the world : 世界観
take … for granted : …を当然のことと思う
embody : (考え・精神など)を具現する
after all : 結局は,そもそも,何といっても

 

Lesson 12

(1)  たいていの人は自分の好きなように時間を使っていいと言われると,するだけの価値がある楽しいことを思いつかなくて困ってしまう。そして何をすることに決めても,何か他のことのほうがもっと楽しかったのではないかという気持ちに悩まされるのだ。知的に余暇を過ごせる能力は文明の最後の産物であるが,今のところこのレベルに達している人はほとんどいない。

decide on : …を選ぶ,決める

(2)  口論を経験したことがある人なら誰でも認めることだが,人は自分の判断に対して巧みな言い訳をする傾向がある。この言い訳は事後の正当化にすぎないと私たちが信じても不思議はない。けれども,この人が間違っていることを証明するとなると話は違ってくる。私の理由をあれこれいうお前は何様だということになるからだ。

confirm : 真実だと認める
elaborate justification : 巧みな言い訳
every reason : 十分な理由
nothing more than … : …にすぎない,…でしかない
rationalization : 正当化,合理化
entirely different matter : 全く別の問題

 

(3)  水路に続き,鉄道が建設されたことにより,近代農業と工業に不可欠な市場拡大と,散在する資源の集中が可能になった。19世紀後半,製造業者の急成長を可能にしたのは,アメリカ大陸を縦横に広がる,支線網でつないだ大鉄道網である。

waterway : 水路
scattered : 散在している
railway system : 鉄道網
span : …に広がる
feeder line : (航空や鉄道の)支線

 

pastedGraphic.pdf

英語構文〈B〉の大意(8)

Lesson 10

(3) 言わなければならない大事なことがあるからではなく,沈黙や自分の存在に気付かれないことを恐れているために口を開くことがある。また何かを学ぶためではなく,退屈していて時間を埋める必要があるから他人の言葉を聞いたり読んだりすることもある。

 

(4) 文化を説明しようとする人を待ち受けているよくある落とし穴は,文化は固定していて変わらないという印象を与えることだ。これほど真実からほど遠いことはない。全ての文化は変化するものである。変化のスピードが社会によって異なることはあっても,変化しない文化など存在しない。

 

Lesson 11

(1) 数年前,私は日本で一連の出来事に巻き込まれて,すっかり困惑した。自分の文化の観点から見た物事が,異国の文化の観点から見た場合に,全く異なる意味を持つことがあるということを私が知ったのは後になってからだ。

 

(2) 日本人が感じる連帯責任の感覚は,高い能力を引き出すための動機としては効果的だが,西洋で重視されているある種の個人主義を間違いなく制限していることは否定できない。日本人について知っておくべき最も重要なことはおそらく,彼らは本能的に集団の意見の一致という原則に基づいて行動するということだ。

(3) 今日私たちは水はあって当たり前だと思いがちだ。過去3年間の干ばつの間のように供給が止まったり,農業や工業による汚染が明らかになったりしてはじめて水がどんなに貴重な資源であるかということに気づかされるのだ。

英語構文〈A〉の大意(10)

Lesson 10

(3) 私の見るかぎり,彼ほど通常の意味での「野心」のない男はかつて存在しなかった。とんとん拍子で出世したとしたら,それは押しの強さで雇い主の目にとまったからではなく,雇い主の方が彼を出世させるといって聞かなかったからだ。彼は創造のエネルギーにあふれ,想像力を駆使して生きていた。銀の皿の中の一枚の金貨のごとく,凡人の中では否応なしに目立つ存在だった。

as far as S can judge : Sの判断では
thrust oneself : 出しゃばる

Lesson 11

(1) 世界のより多言語な社会の多くにおいて「あなたの母国語は何ですか」という単純な質問に答えることは容易でさえない。また,パキスタンからイギリスに移住した家族に見られるような,多様なケースを考慮することも容易ではない。このような家庭では,母国語に加えて,母親はひどい英語を話し,父親はまあまあの英語を,10代の子供は上手な,流暢でさえある英語を話すことがある。

allow for … : …を斟酌する,考慮する,見越す
immigrant family : 移民家族
moderate : ほどほどの,並の

(2) 日本語の問題は,日本が自ら作り出した面もあるが,言語の様々な実態の不幸な結果でもある。まずは,日本語に関する根も葉もないうわさを打ち消そう。多くの外国人は,その大半が日本語の知識をちょっとしか持ち合わせていないくせに,日本語が明瞭性や論理性に欠け,現代の科学技術のニーズに合わないと不満を漏らす。

dispose of : 捨てる
canard : 流言,根も葉もないうわさ
precious little : わずかばかりの

 

Lesson 12の和訳指定箇所!

(1) 3行目〜
And whatever they decide on, they are troubled by the feeling that something else would have been pleasanter.

(2) 1行目〜4行目
As anyone who … after the event.

(3) 1行目〜3行目
It was the building … and industry depend.

 

英語構文〈B〉の大意(7)

Lesson 9

(2) ゴリラは,人間が人気のある動物をえこひいきすることを示す絶好の例である。ゴリラほど我々に似ている種はいない。しかし長年,ゴリラはスポーツや食料のために狩りの対象となった。ゴリラは,人々の娯楽のために使われ,「キングコング」のような映画の中では怪物にさせられた。人々は彼らの土地を奪う。ゴリラが保護されているカメルーンでさえ,人々はゴリラを生きているよりも死んでいる方が価値があると考えている。

 

(3) かなり早い時期から,子供は両親や大人の権威に依存しなくなり,同年代の仲間により依存するようになる。幼稚園や保育園での子供の行動についての調査によれば,子供は同年代の仲間に認めてもらおうとすることに比べて,大人の関心と興味を得ようとすることにはまったく夢中にならないことがわかった。

 

Lesson10

(1) 動物園の動物はもはや自由ではないが,野生での生活がつねに快適とはかぎらない。例えば,敵に近寄らないことが困難な場合が多いし,昆虫や鳥,そして獣は絶えず共食いも行っている。

 

(2) 現代のコンピュータに関する最大の問題の一つは,全ての命令に機械的に従ってしまうということだ。我々が本当に意図したかどうかにかかわらず,コンピュータはやれと言われたことを行う。さらに,コンピュータは自分で電源を入れることはできないし,また自分で全く新しいことを始めることもけっしてできない。

 

 

【続報】私たちは「英単熟語」で合格しました(ボキャビルの流儀)

☆ 早稲田大学政経学部


夏期の「英単熟語」というテキストには,1775語の単語をコロケーションで覚えるという課題=Vocabulary Builderが出されます。私はこれを受験直前まで毎日音読して覚えるようにしました。これまた重要なのは毎日やること。たとえ「もう全部覚えたからいいや」と思ってもやり続けること。というのもそこでやめてしまうといざ入試本番、となったときに「あれ・・・この単語テキストで見たぞ!・・・で、どういう意味だっけ?」という最悪の状況に陥りかねないからです。このテキストに掲載されている単語はほぼすべて長文で出るのでかなり使えます。上記の二つは一年間通しでやることをお勧めします。すべての核となりうる部分ですので。

☆ 早稲田大学教育学部

英語が苦手な人、英語の基礎固めをがっちりしたい人、2学期を万全の状態で迎えたい人等はかなりオススメの講座です。私は筋トレの感覚で毎日テキストに取り組みました。夏休みの間はその効果はあまり実感できなかったのですが、受験直前で英語の能力・成績が急上昇したのは間違いなく「英単熟語」を反復して取り組んだからです。周りの人に「おれもあの講座やればよかった。もっと早く教えてくれよ。」とよく言われたものです(笑)。

Vocabulary Builderはこのテキストの中でも一番のオススメのSectionです。私の場合は、1日100個確認→200→300→450→600→900→1800というように取り組みました。そして、いつ正解したか毎に色分けしました。最後まで色を塗れない語もでてくるかもしれませんが、弱点があぶり出て逆に良いと思います。私の場合、このSectionは受験直前までやり続けました。いろんな単語帳をやりましたが、夏休みにやりまくったこのSectionが一番手になじんだからです。最後に、何度も言っていますが、この講座を受講するからには、テキストを「やる」のではなく、「使い込む」ということが大切になります。使い込んだ結果は必ずテキストに現れます。受験直前に周りをビビらせることができることは勿論、最高のお守りにと自信になります。みなさんもGiant Killingしましょう。

☆ 早稲田大学政治経済学部政治学科

Vocabulary Builderコロケーションになっている1775を全て完璧に覚え、2学期以降読解をしている上で特に語彙で困ることが少なかったのはそのおかげだと思います。他にも、授業で色々説明がある接頭辞・接尾辞など未知単語への類推にもつながりました。

☆ 早稲田大学法学部

私は現役のときには色々な単語帳に手を出しながら1冊もやり通したことがありませんでした。語彙が足りていないのは明らかでした。「英単熟語」では接頭辞や接尾辞、前置詞などについて集中的に学ぶことができてとてもためになりました。またテキストについていた付録のVocabulary Builderはすごく役に立ちました。1775語の単語がすべてコロケーションになっていて、単語帳のようになっているものでした。これを絶対に最後までやり通そうと決意して、授業で先生が指示してくださったやり方で続けるように努力しました。予定よりもだいぶ遅れてしまいましたが、最後までやることが出来ました。ただしそこでやめてしまっては覚えたものもどんどん忘れてしまうので、試験直前まで繰り返しやって使い込みました。覚えられた回数によって色分けしたので、試験直前にもあやふやな単語が一目瞭然で、試験会場でもとても心強い味方でした。一つのものを何度も繰り返しやることの大切さを痛感しました。

☆ 慶応大学法学部政治学科

仲本先生の授業を一年間受けて僕が特に印象に残っているのは夏期の「英単熟語」と栄光の200題です。大学受験の英語で避けて通れないのはやはり単語です。その点で「英単熟語」は非常に役に立ちました。テキスト自体が一つの単語帳のようになっているので、夏期講習で授業を受けてからひたすらテキストで単語を覚えて,後ろの付録についてるVocabulary Builderの1775語はほとんど意味が言えるようになりました。夏にひたすら単語をやったことがのちに長文を読むときの基盤になったと思います。

☆ 早稲田大学法学部

夏期、冬期合わせて英語で受講した講座はこれだけでした。この講座は受講時の偏差値に関係なく合格したい気持ちが強い人ほどおすすめです。前置詞に対するイメージや単語に対する接し方が改善されるので単位時間あたりの学習効率が上がり、秋以降ほとんど全員が必死に勉強をする中で周りと差をつける事ができます。Vocabulary Builderを6回転程した時点で英語の偏差値は76まで上がりその後も70を切る事はありませんでした

☆ 上智大学文学部英文科

大学生になった今も、「英単熟語」は愛用しています。英検一級を取るために覚えても意味が無いような単語を覚えなければならないのですが、字面だけ見ても覚えられないのです。そんなときにこのテキストをパラパラとめくります。「英単熟語」は、接頭辞や接尾辞、語根を事細かに解説しています。熟語を覚える際も前置詞が非常にわかりやすくまとまっており、使い始めたらやみつきになります。単語を少しでも覚えやすくするためのエッセンスがこの講座です。英単語はなかなか続かないし、一冊やりきるのも大変です。でも、単語ができなければお話になりません。そんな悩みを抱えている方はこの講座を考えてみてください。Vocabulary Builderはきっと助けになります。

英語構文〈B〉の大意(6)

Lesson 8

(2) 4歳になる息子のジャマルがスーパーマーケットで安っぽい水鉄砲を見つけ,買ってくれと私にせがんだ。私は,その鉄砲はちゃちだから絶対にすぐに壊れてしまうと指摘し,別のお店でずっといいものが見つかるよと言って話を切り上げた。
ジャマルは納得せずにせがみ続けたので,私は安易な解決策を取り,そのおもちゃを買い与えた。家に着いて車から降りようとしたその時,そのプラスチック製のピストルは地面に落ちてバラバラに壊れてしまった。

 

(3) この(スノボーの)成長ぶりに気をよくしたジェイク・バートンは,スノーボードがスキーよりも人気が出るかどうかではなく,いつそうなるかについて語る。1839年に野球を発明したと考えられているアブナー・ダブルデイとは異なり,40歳のバートンは,この15年間自分が中心となって作り上げてきたスポーツであるスノーボードによってかなりの金持ちになった。

Lesson9

(1) 過去25年にわたって,アメリカの幹線道路網はかろうじて広がった程度だが年間の総走行距離はほぼ2倍になっている。現在この国には,ドライバーの数より多い約2億台の自動車がある。メリーランド大学の研究によると,親は子供と過ごす時間の2倍を平日の車の運転に費やしているということだ。