構文精解の大意

英語構文<B>の大意 LESSON 8 ~ 10

LESSON 8

(2) 4歳になる息子のジャマルがスーパーマーケットで安っぽい水鉄砲を見つけ,買ってくれと私にせがんだ。私は,その鉄砲はちゃちだから絶対にすぐに壊れてしまうと指摘し,別のお店でずっといいものが見つかるよと言って話を切り上げた。
ジャマルは納得せずにせがみ続けたので,私は安易な解決策を取り,そのおもちゃを買い与えた。家に着いて車から降りようとしたその時,そのプラスチック製のピストルは地面に落ちてバラバラに壊れてしまった。

 

(3) この(スノボーの)成長ぶりに気をよくしたジェイク・バートンは,スノーボードがスキーよりも人気が出るかどうかではなく,いつそうなるかについて語る。1839年に野球を発明したと考えられているアブナー・ダブルデイとは異なり,40歳のバートンは,この15年間自分が中心となって作り上げてきたスポーツであるスノーボードによってかなりの金持ちになった。

Lesson9

(1) 過去25年にわたって,アメリカの幹線道路網はかろうじて広がった程度だが年間の総走行距離はほぼ2倍になっている。現在この国には,ドライバーの数より多い約2億台の自動車がある。メリーランド大学の研究によると,親は子供と過ごす時間の2倍を平日の車の運転に費やしているということだ。

 

(2) ゴリラは,人間が人気のある動物をえこひいきすることを示す絶好の例である。ゴリラほど我々に似ている種はいない。しかし長年,ゴリラはスポーツや食料のために狩りの対象となった。ゴリラは,人々の娯楽のために使われ,「キングコング」のような映画の中では怪物にさせられた。人々は彼らの土地を奪う。ゴリラが保護されているカメルーンでさえ,人々はゴリラを生きているよりも死んでいる方が価値があると考えている。

 

(3) かなり早い時期から,子供は両親や大人の権威に依存しなくなり,同年代の仲間により依存するようになる。幼稚園や保育園での子供の行動についての調査によれば,子供は同年代の仲間に認めてもらおうとすることに比べて,大人の関心と興味を得ようとすることにはまったく夢中にならないことがわかった。

 

Lesson10

(1) 動物園の動物はもはや自由ではないが,野生での生活がつねに快適とはかぎらない。例えば,敵に近寄らないことが困難な場合が多いし,昆虫や鳥,そして獣は絶えず共食いも行っている。

 

(2) ほとんどの大人は、頭が悪いと思われるのが嫌なので、失敗したり、言いたいことが伝わらなかったり、とんでもなく無能であるように思われたりすることを恐れて、練習する機会を自らに与えないことが多い。また、大人は外国語を話す新しい友人を作るさいに、子供よりも苦労する。

(3) 言わなければならない大事なことがあるからではなく,沈黙や自分の存在に気付かれないことを恐れているために口を開くことがある。また何かを学ぶためではなく,退屈していて時間を埋める必要があるから他人の言葉を聞いたり読んだりすることもある。

英語構文<B>の大意 LESSON 7 / 8

LESSON 7

 

(1) 私にとって探検は個人的な冒険だった。アラビア砂漠を訪れたのは、植物採集のためでも地図作製のためでもなかった。そんなことはあまり重要ではなかった。旅について書くことはおろか、話すことさえ、自分が成し遂げたことを台無しにすることになると内心分かっていた。私がそこへ行ったのは、砂漠の苦難と砂漠の民との交流の中に安らぎを見出すためだった。

 

(2) どこであれ観光する計画を立てる時には、旅行をより楽しく価値のあるものにするために、利用するかもしれない施設のいくつかについて知っておくことが役に立つかもしれない。昔から、旅行の楽しみの半分は何をして何を見ようかと計画を立てることだ。

 

(3) 「歩みを止めてバラの香りをじっくりと楽しむことを忘れるな」という表現を誰でも耳にしたことがある。しかし、多忙で足早な生活の中、時間をさいて周囲の世界に目をとめることがどれほどあるだろうか?忙しいスケジュールや次の約束、交通、人生全般のことに忙殺されることがあまりにも多くて、近くに他の人がいることにさえ気づかないのだ。

 

LESSON 8

(1) 無人自動車がシリコンバレーの国道101号線を走っていたり,サンフランシスコの路上に駐車しているのを目にするのは,もはやそんな珍しいことではない。専門家の多くは,これからの10年で自動運転の車が一般的になると予想している。こうした技術を扱い,それについて考えている人々は,無人の自動車が未来の都市にとって何を意味するのかについて,すでに問いかけ始めている。

英語構文<B>の大意 LESSON 6

(1)世界的な核戦争が起こる危険性は高く、万一そのような戦争が起こったら生き残る人はほとんどいないだろうと思っている人がいる。核戦争時の生存の可能性についてどんなに楽観的であっても、ひとつの国に1ダースの原爆を落とすだけで全人口を滅亡させてしまうであろうことを我々は認識しなければならない。

 

(2)デイビットが結婚前にちゃんとした仕事につきたいと言い張っていなければ、二人はもっと早くに結婚していただろう。彼は国中に求職書類を送りながら、父親の靴屋でアルバイトしていた。デイビットがダラスの化学薬品会社の管理職研修生として受け入れられた時、エレンは5年生を教えてすでに1年が経っていた。二人はほとんどすぐに結婚した。

 

(3) 赤ん坊が泣かなければいいのにと思う親は多い。しかし、泣くという行為は、乳児が自分の世話をしてくれる大人たちに合図を送る唯一の信頼できる方法なのだ。それは意思疎通の方法であり、伝える情報によって泣き方も異なる。

英語構文<B>の大意 LESSON 5

(1)  無実な人は尋問を受けても平静を保てるものだと私はずっと思い込んでいた。そうはいかないし、少なくとも私は平静を保てなかった。飛行機に乗り遅れるのではないかという不安と同じくらい、侮辱されたことに対する怒りで、顔が真っ赤になるのを感じていた。
実際に私は飛行機に乗り遅れてしまった。25分の厳しい尋問の後、職員がようやく私を解放した時、すでに飛行機は出発していた。

 

(2) アスピリンが痛みを取り除くことは昔から知られているが、心臓発作の予防にも役立つことがあると証明されたのはつい最近のことである。皮肉なことに、かつてアスピリンは心臓に悪いと考えられており、製薬会社は「アスピリンは心臓に害はありません」という趣旨の特別なラベルを印刷してアスピリンのビンに貼らなければならなかった。

 

(3) いったんすべてを当たり前だと考えることをやめると、プロ野球の試合を見ると必ず選手たちの素晴らしい技術に驚嘆することになる。外野手が高く舞い上がるボールを一目見て、背中を向けて走り、そして足取りを全く乱すこともなく、肩越しにボールをキャッチするのを見るといい。いったいどうやってボールの行方が分かったのだろうか?

 

 

英語構文<B>の大意 LESSON 3&4

Lesson3

(1) 向上する秘訣はミスを犯すことだ。もちろん、全くミスをしないことが重要な時もある。外科医や飛行機のパイロットに聞いてみるといい。しかし、ミスを犯すことが成功の秘訣である場合もあるということはそれほど広く認識されてはいない。

(2) 彼女はどこへ行くにも必ず空の眼鏡ケースを持ち歩く。それは彼女にとって、バッグと同じくらい重要なものだ。しかし、彼女は眼鏡をかけているわけではない。眼鏡ケースが欠かせない理由は、彼女が字を読むことも書くことも出来ないからだ。そのいずれかをしなければならない状況に陥ると、彼女は眼鏡ケースを求めてバッグの中を探し、ケースに眼鏡がないことに気づいて、周囲の人に代わりに読んでくれるように頼むのだ。

(3) 平均して、子供は年齢に応じて1日に2時間半から3時間半テレビを見ていて、またその理由は多種多様である。しかし、子供がメディアとどういう関係にあるかを調査するさいには、子供のテレビの見方も、考慮すべきもう一つの重要な要素である。

Lesson4

(1) 彼と議論しても無駄だ。現在、彼がまともじゃないことは間違いない。正気に戻るまでにはしばらく時間がかかるだろうと私は思う。

(2)  もし道路への課金が、ロンドンみたいに都市の一部分だけに限られるとしたら、ドライバーは課金される区域に入るのを避けようとするため、その区域のすぐ外側にさらに酷い渋滞をもたらす可能性がある。公共交通機関が改善されなければ、ドライバーは魅力的な代替手段を全く持たないまま、料金を払わざるを得なくなる。

英語構文<B>の大意 LESSON 1&2

Lesson 1

(1) 1906年、フィンランドはヨーロッパで最も農業が盛んな国の一つだった。逆説的だが、社会のレベルが洗練されていなかったことによって、政治的権利が女性にも拡大されるべきだという考えが受け入れ易くなった。農業社会では、男性も女性もそれほど異なる生活を送っていなかった。女性は農場で男性と一緒に働き、あらゆる仕事に精通していた。

 

(2) 1939年以来、タバコが健康に害を及ぼすかどうかを明らかにしようと、数多くの科学的な研究が行われてきた。証拠は一貫して健康への重大な危険性があることを示す傾向にある。

 

Lesson 2

1. ほとんどお金を持っていない人が,たまたまいくらかお金を持っている人から多少かすめ取ろうとするのはずっとよくあることだった。それが,日常的に起こる路上犯罪の全てではないにしてもほとんどの背後にある動機である。

2. 我々は世界の事柄についてほとんど何も理解しないで日々の生活を送っている。生命を可能にする日光を生み出す仕組みについても,我々の身体を構成し,その安定性に我々が根本的に依存している原子についても,あまり関心を持たない。

3. 遺伝子組み換え食品に対する懸念が高まっている。世界中の消費者たちは,こうした食品が人間の健康や環境に及ぼす影響についてますます心配している。同様に厄介なのは,大衆にこうした心配は根拠がないものであると保証している企業に対して,彼らが疑いを抱いていることである。