仲本流

新年度の時間割です(^_^)

予備校講師になったのが昭和(!)63年。

それから平成の時代を、高校時代の夢だった予備校講師として過ごし、どうにか新しい令和の時代までこの大好きな仕事をすることができました。

これまで僕の授業を受けてくれた学生たちに感謝します。

新年度のテキストと出講表が届きました。

今年の僕の時間割は次のようになります。

オリカリで僕の授業を受講することを検討している方は参考にして下さい。

★印はサテライン放映です

 

月曜日    大阪南校                2限 英文法<A>①

                                              3限 英文法<B>①

                                              4限 センター英語

 

水曜日 本部校                    1限 英文法<B>①

                                              2限 英文法<A>①★

 

木曜日 本部校                    1限 英文法<B>①★

                                              2限 英文法<C>①

                                              4限 センター英語★

                                              5限 標準英文読解(オリジナル)★

 

金曜日 本部校                    1限 英文法<A>①

                                              2限 英文法<C>①★

                                              3限 構文<B>★

                                              5限 標準英文法語法(オリジナル)★

 

 

仲本家の子育て最終年の2019年もどうにか失業せずにすみました。

今年も、受験生の夢の実現に力を貸していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

一文を徹底解剖して英文の読み方を身につける ーーー「仲本浩喜の標準英文読解」

予備校に通い始めると、どうしてもそれまでに高校で習ったことのないような「読み方」や「解き方」を

求めるようになります。そのようなやり方を学んで

目からウロコを落とす

ことで、それまでの自分の成績や受験結果の不調を

高校の先生や通っていた塾の先生にできるから、気分よくリセットするには好都合なわけ。

予備校で新たなスタートを切ったからと言って、これまでの自分をゼロにするのはやめましょう。

テストの点が0点だったわけじゃないよね。

センターがたとえ80点だったとしても、その80点から上積みを目指せばいいのであって、

知識や考え方までゼロにする必要はありません。

英語の読み方なんて、まさにそうです。

どんなに英語が苦手な受験生でも、中2程度の教科書ならいちいち

「これが主語」「これは〜文型」「この不定詞の用法は〜」

とか考えなくても、内容は理解できるはずです。

だとしたら、これまで理解したものを否定するのではなく、

それをベースにしてそこから這い上がればいいのです。

「仲本浩喜の標準英文読解」

では、学校で教えられてきた英文法から「読むためのルール」だけを抽出し、

それをさらに深く学んで、徹底的に繰り返すことで

「無意識に読める英文の幅を広げる、レベルを高める」

ためのトレーニングを行います。これまでのものがベースだから

「目からウロコが落ちたあ〜」

なんて体験はないけれど、

「ここまで丁寧に深くやるの」

という体験をしてもらうつもりです。

念頭に置くのはイギリスの元首相、チャーチルの英語勉強法です。少し長くなりますが、ここに引用します。

 

私はこの先生に非常に負うところが多い。彼はいかに英語を教えるかをよく心得ていた。
彼ほど教え方の堂に入った人はないように思う。われわれは英語の説明を細かく聞いたばかりでなく、
たえず文の解剖を練習した。先生には彼独特の教授法があった。
彼はかなり長い文章をとって、それを黒、赤、青、緑のインキでいろいろの構成分子に分ける。
主語、動詞、目的語、関係節、条件節、接続節、離接節など! 
みなそれぞれの色彩をもち、それぞれの括弧に包まれる。
それはまるで、一つの練習問題のようで、毎日のようにおこなわれた。
—- 中略 —
私は完全に習い込んだ。普通の英文なら、その基本構造を骨の髄まで徹底的に覚えた。

「W・チャーチル わが半生」(中央公論社)

 チャーチルにとっては英語は母国語ですが、外国語であればなおさら、

この文の解剖という勉強法は効果があると断言できます。

授業では最初に「文を解剖する」ための枠組みとルール(すべて高2までに習ったことです)を説明し、

受講生のみなさんはノートを兼ねたテキストにその解剖を自力で、あるいは講師の説明を参考にしながらおこなっていきます。

授業が終わってからは解剖がすんだ英文をくり返し音読・暗唱して、その英文を身体に覚え込ませる(身体化)。

これを徹底的に実行して、夏の終わりには

 入試の英文を無意識に速く読めるようになる

 どんな難関大学の問題文であれ、構造がとれないことがないようにする

ことを目指します。

2学期には夏までに培った精読力のメンテナンスをしながら(ココ大事)

実際の読解問題に正面から向き合って内容を理解し、出題者に「自分は理解できている」とアピールする練習を行います。

センター試験の評論問題から徐々にレベルアップして、私立の内容一致問題・空所補充問題、国立の記述問題まで一気に進みます。

「最良のふつう(BEST STANDARD)」をめざす「仲本浩喜の標準英文読解」は

・どんなレベル、ジャンルの英文にも対応できて

・安心できる高品質で

・使いやすいテキストの構成

が自慢です。みなさんの参加をお待ちしています。