ENGLISH☆GUILD

英語構文<B>の大意:第10講

Lesson 10

1.世界中で話されている言語のデータベースであるエスノローグの主張によれば、話す人が余りにも少ないので絶滅の最終段階にある言語が417あるとのことだ。カメルーンには、ルオ語を話す人は1人しかおらず、スウェーデンとノルウェーでピーテ・サーミ語を話す人はほんの数人しかいない。かつては狭い孤立した地域で言語が盛んに用いられた場所にも、現在では世界のその他の地域と日常的に接触しない人はほとんどいない。世界的に認識されている言語を話すことは、このような接触がもたらす機会を最大限に活用することを望んでいる人々にとっては、明らかに好都合である。

 

2.英語の綴りにはかなりの規則性があるが、全ての不規則性を排除することによって体系を改善できれば多くの時間とお金を節約することができるということには、誰もが同意するだろう。綴りの改革の提案は16世紀にまで遡ることができるが、改革を推進する中心的な運動はアメリカ、イギリスの両国で19世紀に始まった。綴り字改革協会はアメリカで1876年に設立され、イギリスの簡略綴り字協会は1908年に設立された。それ以来、数々の提案がなされ、数々の仕組みが考案されてきたが、その一部はかなりの細部にわたっている。

3.その結果、面白いビデオを見なかった人のほうが、見た人よりも著しく多くのミスを犯していたという奇妙なことになった。作業前の10分間を笑って過ごした人は、気が散って注意力が散漫になってしまうだろう、と思うかもしれない。しかしそうではなく、人々の注意力や集中力の妨げになったのは、企業の方針に従ってボタンをクリックしないという行為だった。