ENGLISH☆GUILD

英語構文<B>の大意(2)

Lesson 2

(1)

ほとんどお金を持っていない人が,たまたまいくらかお金を持っている人から多少かすめ取ろうとするのは今に始まったことではない。それが,日常的に起こる路上犯罪の全てではないにしてもほとんどの背後にある動機である。

(2)

昔から、聞くことは受動的なプロセスであると見なされており、その過程においては、私たちの耳は情報が注ぎ込まれる受信機であった。聞く側がしなければならないことは、そのメッセージを受動的に受け取ることだけであった。

(3)

遺伝子組み換え食品に対する懸念が高まっている。世界中の消費者たちは,こうした食品が人間の健康や環境に及ぼす影響についてますます心配している。同様に厄介なのは,大衆にこうした心配は根拠がないものであると保証している企業に対して,彼らが疑いを抱いていることである。

 

★ 今日の復習ポイント

・関係代名詞の外側と内側

・It is … for A to do

・alway / traditionallyの訳出

・A, although not B,

・“前置詞+関係代名詞”の考え方

・関係代名詞の省略

・All you have to do is to do.におけるtoの省略について

・「英語には英語独自の論理展開ガー」の嘘(個人の見解です)

・倒置について(動画見てね)