ENGLISH☆GUILD

英語構文<B>の大意(9)

LESSON 9

(1)現代の産業が世界の生態系にもたらしうる損害には我々全員が気づいているが、広く話されている言語が、他の言語や生活様式に与えている影響に気づいている人はほとんどいない。英語は世界中に広まった。中国語やスペイン語、ロシア語、そしてヒンディー語も同様に有力な言語となった。これらの言語がより力を持つにつれて、仕事や文化の道具として使用されることも増える。このようなことが起こると、少数の人々によって話されている何百もの言語が世界中で消滅する。

(2)アメリカではサメの攻撃が増えている。しかし、サメがより獰猛になっているからではない。2011年の31件から昨年の59件と攻撃は増加しているが、これは気候変動と関連があると専門家たちは述べている。プログレス・イン・オーシャノグラフィー誌の調査によると、気候変動はサメやその他の海洋生物を北方へ追いやりつつあるということだ。同時に、温暖な気候は、人々が泳ぎに行く可能性がより高まることを意味し、これは致命的になりかねない組み合わせである。フロリダ・サメ研究プログラムによると、2005年以降サメの攻撃によって7人が亡くなっている。

(3)実際に、物語を求め、作り出すという傾向は人間性の一部に深く根ざしている。我々は、どこを見ても物語を目にする。古典的な心理学の実験で、幾何学的図形が画面上を動き回る短いアニメーションを説明するようにと求められた人は、まるでその物体が意志を持った俳優であるかのように、図形に意思があると考えるような言葉遣いをした。「赤い三角形が青い円を画面から追い出した」というように。