ENGLISH☆GUILD

英語構文<B>の大意(5)

LESSON 6

(1)

犬を訓練する時は、罰を与えて失望や嫌悪の気持ちで見る前に、次のことを考慮に入れるべきだ。幼い時は、犬は繰り返すことでしか何が正しくて何が間違っているのかを知ることはできない。つまり善悪を論理的に考えることはできないのだ。

(2)

イギリス人は常に田園を愛好してきたが、その愛情を満たす時間と財力を手にしたのはごく最近のことだ。しかし今では、その愛情をとても激しく貫き通すため、ありあまる優しさで田園を破壊しつつある。

(3)

恐怖には、我々の生活をコントロールする信じられない力がある。この感情は様々な形で表れる。軽い心配から絶え間ない不安、そしてひどいパニック状態まで。恐怖は我々の心を閉ざし、意志の力を奪い去ることもある。また、恐怖それ自体が大きな力となるだけでなく、我々に苦痛をもたらす多くの有害な考え方に、隠されたエネルギーを与えるのだ。

LESSON 7

(1)

「ギャップ・イヤー」とは、学生が大学に進学する前に休暇を取ったり、大学院に進む前に何か勉強以外のことを行う期間のことである。それは旅行や労働に費やされることが多く、若者に有益な学習体験を与え、若者が新しい技術を身に付けるのに役立ち、若者をより自立させることが出来る。企業や大学は、冒険心、成熟、そして何かに真剣に取り組んだ証を見たいのだ。それで、有効に過ごしたギャップ・イヤーは、学生の人生に真の価値を付け加えてくれる。

(2)

アメリカではサメの攻撃が増えている。しかし、サメがより獰猛になっているからではない。2011年の31件から昨年の59件と攻撃は増加しているが、これは気候変動と関連があると専門家たちは述べている。プログレス・イン・オーシャノグラフィー誌の調査によると、気候変動はサメやその他の海洋生物を北方へ追いやりつつあるということだ。同時に、温暖な気候は人々が泳ぎに行くことが多くなることを意味するが、これは致命的になりかねない組み合わせである。フロリダ・サメ研究プログラムによると、2005年以降サメの攻撃によって7人が亡くなっている。