ENGLISH☆GUILD

英語構文〈B〉の大意(12)

Lesson12

1.最後のニューヨーク旅行の時、マンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドにあるリバーサイド教会を訪れた。12月のよく晴れた気持ちのよい夜で、私は突然、街の素晴らしい眺めを見るために、教会の一番上まで登りたいという衝動に駆られた。そのような衝動は、私の冒険心が何か素晴らしいものに自分を導いているということを示す合図であることを過去の経験から知っていた。高所に対する軽い恐怖心はあったが、一番上までは1000段ほどもあろうかという階段を登った。

 

2.「世界は小さいね!」どこか遠方の地で、友人に偶然出会った時、私たちは叫ぶ。ここ数十年間の間、格安航空機旅行は、世界をさらに小さくすることに一役かっている。それによって、私たちは、安全に、高速に、手頃な料金で、便利に、世界のほとんどどこへでも旅をして、例えば観光を楽しんだり、家族や友人、仕事仲間たちに会ったりすることができる。なんと時代は変わったことか!わずかに400年前、初めて日本に到達したイギリス人、ウィリアム・アダムスは、オランダの商船の航海士としてオランダから九州に航海してきた。その船旅は2年近くかかり、乗組員のほとんどは途中で亡くなった。対照的に今日では、ヨーロッパから福岡への直行便は、12時間もかからず比較的快適である。確かにジェット機による旅は致命的な事故の可能性が全く無いわけではないが、様々な事実は、自動車での旅行よりも飛行機の旅行の方がはるかに安全であるということを示している。たとえそうであっても、ジェット機による旅行には、確かにいくつか明らかに不都合な点がある。そのうちの3つについて考えてみよう。

 

3.人口は、毎日20万人以上増え続けている。これは、毎月「新たな」パリや、「新たな」香港が作り出されているのに匹敵する。今日の世界では、10億人以上の若者が最も繁殖力のある年齢に達しつつあるので、出産ブームは数十年間にわたって続くことが予測できる。最新の国連の推定によると、今世紀の半ばには、世界の人口は92億に達するということだ。