ENGLISH☆GUILD

【冬期講習】英文を「読む前に」「読みながら」「読んだ後に」すること,しないこと —- 「仲本浩喜の標準英文読解」

今回は

「仲本浩喜の標準英文読解」

をご紹介します。簡単に言えば,この講座は

「これまでに培ってきた読解力を可能な限り効率的に得点能力に変換する」

ための講座です。英語という外国語を読む力そのものを鍛えるのではなく(これまでの復習プラス多読で十分だと思うから),問題を正しく時間内に「解く」ことに焦点を当てるのです。

大学入試の読解問題の代表的な問題形式ごとに「英文を読む前に」「英文を読みながら」「英文を読んだ後に」すべきことを説明します。内容は以下の通り。

Lesson 1 センター試験の読解問題
・【3B】不要文削除問題
・【3C】意見内容要約
・【6】論説文
について「無料体験講座」「ワンコインセミナー」などで言われている,「…だけ読めばいい」的な妄言の「嘘」「デタラメ」を暴き,「実直な」「確実な」解き方を説明します。それが一番計算できる解き方だから。

Lesson 2 長文空所補充問題
選択肢が
・語 → 語彙,熟語,
・語句 → 文構造,文脈
・文 → 文脈
の3形式の問題の演習を通して,選択肢から出題意図を見抜いて短時間で効率的に解く方法を解説します。「英文全体を読む必要があるのか?」というタブーにも挑戦します。

Lesson 3 長文内容一致問題
・不正解選択肢のパターン
・選択肢は先に読むか? 後に読むか?
など,すでにいろいろな場で言われていることをあらためて検証します。

Lesson 4 客観・記述融合問題
・「〜を説明せよ」問題の解法
・文字数制限の意味は?
客観と記述が融合した「総合問題」について「段取り」のつけ方を説明します。

Lesson 5 下線部訳・説明問題
・減点されない和訳の作り方
・知らない単語が出てきたら
・「センター後に一番伸びるのは記述問題」の根拠
短期間で得点力を伸ばせる記述問題,センター後の勉強の仕方について超絶オススメな勉強法を伝授します。

 

冬に私が担当する講座のうち,もっとも得点に直結しやすい講座を目指してテキストを新編集しました。みなさんの参加をお待ちしてます。