ENGLISH☆GUILD

国公立大英語長文演習 Lesson 10 の解答例

2

文字と音声の対応関係が言語によって異なること。(24字)

文字と音との対応関係は言語により異なるということ。(25字)

文字と音の対応関係が言語により,一様でないこと。(24字)

3

しかしながら,読み手はまた,明示的に述べられていないが,隠されてはいるものの文章から読み取れると読み手が同意することができる意味を推測できなければならない。

しかしながら,読み手は,はっきりと述べられてはいないが,隠れてはいるものの,文中に読み取ることができると読み手の意見が一致する意味も推測できなければならない。

しかしながら,読み手はまた,はっきりとは述べられていないけれど,文中に隠れてはいるが読み取れると認められる意味を推測することができなければならない。

4

文章には書き手が読み手に理解させようと意図した内容に加えて,読む目的や世の中の知識,批判的思考力などに応じて読み手が頭の中に作り出す意味もあるから。(78字)

文章の意味には,書き手が読み手に理解させようと意図している意味に加え,読み手が,読む目的,世の中に関する知識,批判的思考力などに基づいて作り出す意味もあるから。(80字)

文章には書き手が読み手が理解することを意図したものに加え,読み手が作り出す意味を含み,その意味は読書目的や知識,批判的思考力などの要因により異なることから。 (78字)

6

読むことの産物である理解が何か他の方法,たとえば,2語か3語で答えさせる問題によって引き出されていたら,理解の程度は異なっていたかもしれない。

読むことの産物,つまり理解が,例えば2,3語の答えを求める問いのような他の手段で引き出されたならば,その理解は異なったものであったかもしれない。

産物,すなわち理解が,何か他の方法,例えば,2語か3語の解答を求める問題によって引き出されたとすれば,把握の程度は異なるものになっていたかもしれない。