ENGLISH☆GUILD

英語構文〈A〉の大意(11)

Lesson 11

(3)  特定の新聞や雑誌に慣れ,しばらくすると,そのメディア特有の内容を当然のものと思い込むようになることが多い。特定の新聞や雑誌が提供する内容をすぐに理解できるようにするには,そのメディアにある程度精通していることが必要となる場合が多い。しかし,当然ながら,お気に入りの新聞や雑誌が具現化する特定の世界観に慣れるにつれて,そのような見方もしょせんは多くの可能な見方の一つにすぎないのだということを忘れてしまう危険性がある。

way of looking at the world : 世界観
take … for granted : …を当然のことと思う
embody : (考え・精神など)を具現する
after all : 結局は,そもそも,何といっても

 

Lesson 12

(1)  たいていの人は自分の好きなように時間を使っていいと言われると,するだけの価値がある楽しいことを思いつかなくて困ってしまう。そして何をすることに決めても,何か他のことのほうがもっと楽しかったのではないかという気持ちに悩まされるのだ。知的に余暇を過ごせる能力は文明の最後の産物であるが,今のところこのレベルに達している人はほとんどいない。

decide on : …を選ぶ,決める

(2)  口論を経験したことがある人なら誰でも認めることだが,人は自分の判断に対して巧みな言い訳をする傾向がある。この言い訳は事後の正当化にすぎないと私たちが信じても不思議はない。けれども,この人が間違っていることを証明するとなると話は違ってくる。私の理由をあれこれいうお前は何様だということになるからだ。

confirm : 真実だと認める
elaborate justification : 巧みな言い訳
every reason : 十分な理由
nothing more than … : …にすぎない,…でしかない
rationalization : 正当化,合理化
entirely different matter : 全く別の問題

 

(3)  水路に続き,鉄道が建設されたことにより,近代農業と工業に不可欠な市場拡大と,散在する資源の集中が可能になった。19世紀後半,製造業者の急成長を可能にしたのは,アメリカ大陸を縦横に広がる,支線網でつないだ大鉄道網である。

waterway : 水路
scattered : 散在している
railway system : 鉄道網
span : …に広がる
feeder line : (航空や鉄道の)支線

 

pastedGraphic.pdf