ENGLISH☆GUILD

英語構文〈A〉の大意(6)

Lesson 5

(1) スイス政府は、農業に加えて他の職種も重視すべきだという結論に達した。しかし、農業を存続させながら他に仕事を創り出すことは可能なのだろか。

employment : (給料をもらって働く)職業
completely destroy : 完全に損なう、駄目にする

(2) 教育の目的とは人々をより幸福にすることである,と定義されてきたことを我々はすでに知っている。教育によって実際に人々はより幸福になるという思い込みは,別個に考える必要がある。教育を受けた人の方が受けていない人よりも幸福であるということは,決して自明のことではない。

define A as B : AをBと定義する
assumption : 思い込むこと、決めてかかること <assume
self-evident : 自明の、分かり切った

(3) 特定の発音や綴り、形式や語が現在適切であるかどうかを決めるという場合に、その言語の初期の状態がどのようなものであったか、その単語が昔どういう意味を持ち、どう発音されていたか、その言語の特定の時代においてどんな文学や文化が表現されていたか、などということはまったく別問題だ。

beside the point : 要点からはずれて、的を外して、別問題で
when it comes to ~ : 〜のことになると、〜に関して言えば
at present : 現在、今のところ

Lesson 6

(1) 実をいうと、我々は歩行に長けていて、それは我々が人生のほとんどを歩いて過ごしていることから考えれば好都合だ。我々は特殊な技能としての歩行の重要性に気づいてもいるらしい。このことは、子供が歩き始める瞬間を待望する両親ら周囲の人々の、過剰なまでの関心の強さからもうかがえる。

just as well : かえって好都合な
gauge : 読み取る、判断する
inordinate : とてつもない
attach significance to ~ : 〜を重視する
interested observer : 興味深く観察している人

(2) 言語と文化と思考の間に、どの程度の相互作用があるのかは、長年議論の的となっている。ごくかいつまんで言えば、これら三つの側面はそれぞれ、全体の三分の一を構成するものであり、どれか一つが優勢になることはあっても、三つがばらばらで作用することはない、というのが、現在の一致した意見だ。

stated simplistically : ごくかいつまんで言えば
operate independently : 独立して機能する
current : 今の、現在の
consensus : 合意、意見の一致
regardless of ~ : 〜に関係なく、にはおかまいなしに